トレーニングは裏切らない?

わたしは「痩せたいっ」と思いつつ何度もジムをやってはやめを繰り返しています。一回続けると3か月くらいはまじめに通うのですが、一度行かなくなるとおっくうになってやめてしまうのです。なぜこのくりかえしなのか。考えてみました。

メイプアップの筋トレへの効果と私の口コミ!購入して3ヶ月飲んだ結果…!

まず、その3か月目に何が起こるのかということです。やはりこれは誰もが経験すると思いますが、停滞期。3か月たった時に目標の体重になっていないと、一気にモチベーションが落ちてしまうのです。よくテレビ番組でタレントが痩せていきますが、これはテレビに映るといういい刺激が常にあるから持つのではないのか。なんせその効果を日本中の人に見られるのですから。あとライザップに通う人も、トレーナーが励ましてくれたり、見守ってくれるというのが一番モチベーションを保つのに役に立っているのでしょう。

これを個人でもモチベーションをもち続けるいい秘訣はないのか。まだやったことはないのですが、ブログにあげていくというのはどうだろう。できれば動画がよいのであろうが、そこまでの勇気はないので。

ある主婦のダイエットブログをみてみましたが、とても共感できました。

がんばってジムのトレーニングをしているのに仲間に誘われ飲みに行って体重がもとに戻るという繰り返しの中少しづつ痩せているブログ。そしていい仲間がコメントで励ましてくれたりしていました。これは私もやってみる価値あるかも。と思いました。

そしてまた久しぶりのダイエットのためのトレーニングをやろうと考えているところです。トレーニングは裏切らない。続ければ必ず痩せる。大切なのはモチベーションを持ち続ける事。あきらめないこと。あきらめたらそこで試合終了。何においてもそうなのでしょう。

さっそく筋肉痛です。でもこれば聞いている証拠。トレーニングって一週間休むと筋肉が元に戻るのかな。いままで楽勝だったバーベルがあがらない。小さな発見もモチベーションにかえて頑張ります。

ニキビでいじられるのはもうごめん

ストレス社会と言われる現代で肌トラブルに悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。私もそのひとりです。特にニキビ!毎日毎日ニキビに悩まされるのなんて嫌だ、肌をきれいにしてメイクの時間を短縮させたい!と思い、肌質改善に向けて動き出した私の経験を少しだけお話しします。

悪評が多い?ヴィオテラスCセラムの効果と口コミを徹底検証!

私がまず初めにしたのはエステに行くこと。エステは高いから無理と思っていましたが、化粧品会社で働く友人から「体験だとそんなにお金はかからないよ」と言われ、体験コースでエステに行ってみることに。私が行ったところでは、肌質チェックをし皮脂や水分量、毛穴の状態などを簡単に調べていただけました。

そこで知ったのは自分が「乾燥肌」だということ。その後、スタッフさんが私の肌悩みを聞いてくださり、どういうことに注意すべきか、もしエステ契約をするのならこんなコースがあります、値段はこのくらいですという説明をしてくれ、施術もしていただきました。契約するつもりは1ミリもありませんでしたが、エステ本当に良い。肌が柔らかくなった気もするし、ニキビも少しばかり小さくなった気がする。何より施術中ウトウトするくらい気持ちがいいんです。今の安月給じゃ通えないけどもう少し稼げるようになったら通おうかなと思いました。

自分の肌の特性を知った上で、どういう方法でケアをするのが良いのか、どの化粧品を使うのがいいのか、コスパが良いのはどれかなど色々と試行錯誤をしていました。そこで私が活用していたのが口コミサイト。一番信用していたのは公式でないサイトの口コミです。悪い意見も書いてあるから。口コミを見てなお使ってみたいと思うような商品があれば、試供品を探す。公式にお試し価格で販売されていたり、同じメーカーの商品を購入したらついてきたり、メルカリで探して試供品を集めていました。デパートで試供品をもらうと美容部員さんがケアのポイントとか教えてくれるからおすすめです。

最終的にたどり着いたのは、お風呂上がりのパック+プチプラ化粧水(豆乳の)+ちょっとお高め美容液+プチプラ乳液(豆乳の)

この方法にしてからニキビ悩みも減り、友人からも肌きれいになったねと言われるようになりました。

生理前とかストレス感じてるなって時はまだニキビはできますが、化粧時間も短縮しニキビでいじられることもありません。肌が綺麗で自信が持てるっていいなと思いながら、これからも試行錯誤を続けていきます。

40代を目前にして肌について真剣に考える。

若い頃は何も気にせず紫外線を浴びまっくていた私も、気付けば今年38歳を迎えようとしています。仕事が終わって家に帰り、風呂場で化粧を落とし、洗面所で鏡に映る自分を見て思うことは「老けたな。。。」一番にシミが増えました。肝斑というのでしょうか。シロジャムの口コミ

頬骨のあたり左右対称にあるシミ。もうできてしまったものは消せないので、これからどう増やさないようにするか考えなくてはなりません。UVの化粧品を使うのはもちろん、若い頃は興味のなかったお高い日焼け止めを購入したりしています。

やはり少しお金をかけないと老いには勝てないのか。。芸能人がよく言う「何もやってませんよ?」は全くあてになりません。信用してはなりません。一般人には手が出ない化粧品やエステをして、あの美しさをキープしているんだろうなと思います。シミの次に気になるのはほうれい線です。

ベロで内側からほうれい線を押すということはよくやっていますが、効いているなかいないのかはわかりません。一般人の私が毎日できることと言ったらそのくらいなのです。鼻から下は本当に年齢を感じさせる箇所だと思います。

40という年齢が近づいてきて思うことは、少しでも実年齢より若いと言われたい。そのためには、日々できることをコツコツやっていくしかないと思っています。

肌年齢を上げるための2つの肌質アップ法

肌をキレイにするために必要なことは何だと思いますか?

外側からの保湿は知っていると思いますが、

内側からのケアもかなりだということを知っていましたか。

ヴィオテラスCセラムを辛口評価!購入して3ヶ月使用した効果と口コミを暴露します!

肌荒れを内側から防ぐ2つの方法を紹介します。

体は内側から作られているのでこれを実践するだけでも

肌年齢が若返るので試してみてください。

肌荒れを防ぐために重要な要素1つ目は『水分』です。

人の体は60%が水分でできています。

人は尿や便、汗や呼吸で活きているだけでも水分を出しています。

水分が不足するとあなたも知っているように肌が乾燥してしまします。

いくらアウターで保湿をしても、肌が乾燥してしまう原因はあなたの水分不足です。

水分は1日2Lが推奨量なのでまずはコップ1杯をプラスで飲むようにしてみましょう。

重要な要素2つ目は『タンパク質』です。

肌を作っている元はタンパク質です。これが不足すると肌の質が悪くなります。

人の体は、生きるために必要な箇所から栄養を届けます。

心臓などの臓器から栄養がいき、爪や髪、肌は外側にあるので

栄養がいきわたるには時間がかかります。

タンパク質の量が少ないと、外側まで栄養が行きづらいです。

日頃からタンパク質を摂り、肌の元となる栄養が

身体全体にいきわたる状態を保つことが大切です。

目安量は体重の『kg』を摂ったグラム(g)量です、

具体的に言うと、60㎏の人なら60gというように、

体重から1000を割ったグラム量を摂るようにすると

1日に必要なタンパク質量を摂取することができ、肌が綺麗になるでしょう。

まとめると、

・1日に必要な水分量は2L

・1日に必要なタンパク質量は体重のグラム量

ということになります。

外側のケアも大切ですが、内側のケアはもっと大切です。

肌の質を上げるために実践してみてください。

私のストレス発散方法

表題の通りですが、私のストレス発散方法をご紹介したいと思います。

http://congresoautocuidado.com/

まず、私は現在幼稚園に通う子供のママです。

なので、出産前と出産後、それぞれのストレス発散方法を書きたいと思います。

出産前・・・とにかく買い物。毎回ではないが給料が入るとちょっとお高めの百貨店へ一人で行き、事前にチェックしていた洋服を買ってました。

この一人で行くのが大事で、友達とあーだこーだ言いながら買い物するのももちろん楽しいのですが、

百貨店の時は必ず一人で行って自分のペースで自分の好きなものを買っていました。

あとは、気心のしれた友達と飲みに行く。愚痴を言ったり聞いたりして明日への活力にしていました。

あ、まだありました。

月一のエステとネイルサロン通い。ストレス発散はもちろんですが、美意識の高い人たちに囲まれてモチベーションを上げていました。

産後・・・しばらくは食べることでした。コンビニで売られているスイーツ。一時期セブンイレブンのデザートにはまっており

そればっかり食べていました。

今も甘いものは好きですが、子供が大きくなり少し楽になってきたらネットで買い物してストレス発散するようになりました。

主人が転勤のある仕事のため産前に通っていたエステやネイルサロンはいけなくなり、子連れではゆっくり買い物もできませんし

その分全部ネットに向かった形になります。

洋服はもちろんですが、お取り寄せグルメなど届くとワクワクします。

以上が私のストレス発散方法になります。

きになるプツプツ毛穴・・・

青春ニキビを乗り越えたかと思った途端気になり始めたプツプツ毛穴・・・。ほっぺの毛穴といちご鼻がとってもコンプレックスです。メイクで隠せる程度なので普段は気にならないのですが、女性であるからにはすっぴんでも綺麗でいたいのが本望ですよね・・・。

シロジャムは安全?全成分の効果や私の口コミ体験談を完全暴露!

最初の頃は角栓パックで鼻の黒ずみを除去したり、角栓除去用のピンセットで取り除いていましたが、記事によってはそのような処理をしていると余計に毛穴が広がってしまう、ともありました。温かいタオルと冷たいタオルを交互にあてて、毛穴の汚れを落としつつ開きを小さくしていく、綿棒にベビーオイルをついけてくるくると掃除をする、というような様々な方法も試してみたのですがいまいち効果は実感できませんでした。

もちろん高いお金を支払って美容エステで施術をしてもらったらすっきり綺麗になるのかもしれませんが、どんな金銭状況であっても平等に効果が実感できるような、お金をかけずに綺麗になる方法はないものかと日々模索中です。

また、ドラッグストアなどで手に入るようなプチプラ洗顔でも、それぞれどれくらい角栓を綺麗にしてくれるのか、などの実験結果などが共有されていれば毛穴を気にする立場としてはとても助かるのになぁ、と感じています。

20代前半なのに問題だらけのお肌

私は20代前半の、美容が大好きな女子です。

顔パックや、マッサージなど美容が大好きです。ヴィオテラスCセラムの効果と口コミをレポート!最安値で購入可能な通販はどこ?
そんな私がお肌について悩んでいる事があります。

まず一つ目は、とにかく毛穴が目立つ事です。

毛穴が開き過ぎて目立っているし毛穴に汚れが溜まってとても目立っています。毛穴を目立たなくするパックだって、エステにも行った事があるのに一向に改善しないのです。お化粧だって、毛穴を目立たなくするファンデーションを使っているのですが、ぜんぜん隠れないんです。お肌が汚く見えてしまうし、肌も綺麗に見せたいので本当に困ります。それに20代とは思えない肌に見えるので恥ずかしいです。

もう一つの悩みが、ニキビが出来やすい事です。顔パックなどをすると、すぐにニキビが出来てしまいます。

エステに行くと、お肌が綺麗になるどころか、ニキビがたくさん出来てしまいます。

また、お風呂から上がるとすぐにお肌が乾燥してしまうので、乾燥肌かと思いきや、皮脂がすごく出てくる時もあります。お昼になると皮脂がすごくてお化粧も崩れてしまうので恥ずかしいです。

頬肉も分厚いせいか、すでに垂れ下がってきています。ほうれい線も目立つし、おばさんみたいに見えるので嫌です。

とにかく、20代前半らしい、綺麗でつやつやで引き締まったお肌になりたいです。

お金をかけず自力で薄毛を克服した話。

私は、薄毛に悩む30代の男性です。

私の祖父、父共に薄毛であり、私自身が将来薄毛になることは、小さい頃から認知していました。

なので、なんとしても、薄毛になることは阻止したく、社会人になり、某有名な発毛サロンにも通ったこともありましたが、一時的には効果があるのですが、ずっと通い続けないといけないというデメリットがあり、断念しました。

そこで、お金をかけずになんとか薄毛を阻止できないかと考え、本やインターネット、友人の聞き込み等し、色々実践していったところ、私に非常にあった薄毛対策に出会いました。

それは、毛根のマッサージ方法によるものです。http://mmdh.jp/

これは、1日お風呂に入っているときにだけやればよいもので、お金を一切かけずにできる方法なので、騙されたと思って是非一度試してみてください。

但し、個人差は当然ありますので、そこだけ自己責任でお願いいたします。

まず、お風呂に入った際に、湯船につかり汗をかき、毛根を開かせます。

その後、シャンプーをする際ですが、髪の毛を一切傷つけることのないように、手でゴシゴシしたりはしません。シャンプーはあくまで、毛先のゴミを取る位のものだと自分に戒めて、毛根に指を添えて、マッサージをします。

この際も、毛根の下には、毛細血管があるため、毛細血管を押しつぶさないように、優しくマッサージを行います。

これを、頭の後頭部から前頭部にかけて行います。

なぜ、後頭部から行うかとうと、血管が首からきているため、後頭部から、血液を通りやすくすることで、頭皮全体に血液が循環するからです。

ポイントは、頭皮、毛細血管を傷つけないこと。これに付きます。

とにかく優しく行います。

これを3ヶ月毎日行っていましたら、私は抜け毛がまず減りました。

今は、1年位続けていますが、前よりも髪質がよくなったと言われるようになりました。

個人差はありますが、効果はあると思います。

薄毛で悩んでいる方、お金は一切かかりませんので、是非、トライしてみましょう。

慣れてくれる、気持ちよくなりますよ。

ずっと悩み続けていること

私の肌は、とにかく年々色々な悩みが出てきています。ネーヴェクレマ

学生から20代後半までは、とくかくニキビが悩みで、治ったと思ったら次という感じで一生ニキビに悩み続けないといけないのかと思うくらい、何をしてもニキビが治らず、写真をとるのも人と話しているときは、相手が自分の顔をみて、ニキビ顔できたないなと思っているのではないかとずっと思っているのではないかとずっと気にしていました。ですが30代にはいるにつれて徐々に治っていきました。

30代になってからは乾燥とほうれい線で悩んでいます。特にオデコが乾燥がひどく何をつけても乾燥します。

それがすごく嫌で、最近は段々諦めきている状態です。ほうれい線は化粧をして少し時間がたって鏡をみるとでているのがわかり悲しくなり、歳をとったなと思ってしまいます。それに、出産したら一人目の子の時は肌が綺麗になると母にきていましたが、2か月前に出産しましたが、特に依然とかわらず、今も乾燥に悩み続けています。

後は、ニキビができているころからずっとあるのは、クマです。これはニキビからずっと悩んでいますが、正直諦めています。何をしていいのかわからないし、いろんなことをしても、化粧でごまかせないし、隠そうとすると厚化粧になっておかしくなります。肌が綺麗な人が羨ましいです。

ダイエットを行う際の考え方とは?

ダイエットを行うにあたり、ダイエットの方法はきっと多く存在するでしょう。これまでにダイエットを成功させたことがある方はそのダイエットを再び始めたり伝えてあげると言うことが非常に良いと思いますが、そのような成功するダイエット方法を有していなかったりどのようなダイエットを行えば良いか分からないと言う方がきっと困ってしまうと思います。

そこで今回は、簡単に試すことができるダイエットについてお話をしていきましょう。効果あり?痩せた?ゼロキャロの感想とリアルな口コミを辛口評価でお届けします!

基本的にダイエットは消費カロリーが摂取カロリーよりも上回ってしまうとなかなか体重を減らすことができません。ですから西尾的に口にしている食べ物や飲み物から摂取するカロリーや摂取量を見直さなければならないと言えるでしょう。

特に脂肪が多いものや糖分を多く含んでいるものは体重をなかなか減らすことができなかったりしますので注意して摂取することが好ましいです。また消費カロリーを増やすには有酸素運動が好ましいですが、長期的な消費カロリーの促し、また基礎代謝量を上げるには筋肉をつけた方が良いといわれているのです。

そのために人間の中で筋肉が特に多いとされている下半身の筋肉をしっかりと鍛えてあげることによってダイエットを成功させたり長続きさせることができますので、積極的に行っていきましょう。

アンチエイジングで素敵な顔をいつまでもキープするには

自分の顔はいつの時代でも自分を効果的にみせるには欠かせないこととなるのです。

この点からしても自分らしい顔でいつまでも素敵な自分でいることは素晴らしい時間を自分で楽しんでいくには欠かせないこととなります。

【ガチレビュー】ハダキララの衝撃的な口コミをご報告…!3ヶ月使った効果を赤裸々に綴ります!

アンチエイジングはやはり普段から自分できちんと意識することが大切です。加齢とともに人間は体の様々な部分が衰えていきますが、そのような点を考えていくとやはり普段から保湿を大切にしていきながら、自分の顔を作っていくことで自分らしい方法で素敵な顔でいつまでも素敵な人生を送っていくことができます。

素敵な顔でいつまでも楽しい時間を送っていくことで素晴らしい顔で素敵な人生を楽しんでいくことができます。素晴らしい顔で素敵な人生を送っていくことができます。アンチエジングで素晴らしい人生を自分で送っていくには普段から自分らしい顔で素敵な人生を送っていくことが大切な意味をもつのです。

洗顔料やまた保湿液や美容液を自分で試していきながら、素晴らしい顔をいつまでも作っていくことが可能となるのです。アンチエイジングを自分で意識しながらより素敵な顔で素晴らしい人生を送っていくにはお風呂上がりのフェイシャルマッサージなどを意識しながら、自分の顔を楽しんで作っていくことを真剣に考えてみてはいかがでしょうか。

半年で10キロ減!大事なのは自分の理想を設定すること

私は4年前、身長169㎝で体重62㎏というぽっちゃり体系から、半年で10㎏減量に成功し、それからリバウンドせずに体系維持に成功しております。

身長もあるせいか、体重以上に太く見えるのが嫌で嫌で…すらっとスリムにみられたい、という目標をたてました。

もちろん、ダイエットは簡単ではありませんでした。

https://www.movethehut.org/

私はお米が大好きですし、お肉や揚げ物、甘いものも…とにかく食べるのが大好きです。

お米を減らすのは絶対に耐えられないので、まずは…お菓子を食べるのをやめました。

もちろん、まったく食べなくなったわけではないですが、今までポテチの大袋を1回で食べきったり、ファミリーパックのチョコレートをひたすら食べていたのをやめました。

その代わり、フルーツやカロリーゼロのゼリーなどを間食として食べるようにしました。食事は朝昼晩しっかり3食お米も食べます。

それに加えて、脂肪を燃焼するため、ランニングと体幹トレーニングを始めました。

ランニングは1日30分、軽く息が上がる程度…体幹トレーニングは5種類3セットずつ。これにより脂肪を落として、体重を落とすだけではなく、引き締まった理想のスタイルを実現しました。

また、基礎体力が向上し、健康的に体重を落とすことができ、その結果、痩せやすい体質に体を変化させることができました。

一番大切なのは、毎日体重計に乗ることと、鏡で自分のスタイルを見ること。結果が目に見えると続けられるんです。

現在はランニングは1週間に1度、体幹トレーニングも毎日ではなく、週に2,3回と回数は減らしたものの、体重やスタイルを維持することができています。ですが、毎日体重計に乗ることと、鏡を見ながらスタイルの確認をすることは継続しています。これによって、少しでもリバウンドしたらすぐに気づけるので、運動量の調整など行えます。

ダイエットは簡単ではないけれど、自分の目標の設定と、我慢するものとしたくないものを選定することで結果に繋げられますよ。

わたしが1年で15キロ痩せた方法

ダイエットはことごとく失敗してきた私ですが、結果的に1年で15キロ減量することに成功しました。

個人差があると思いますが、ご参考になれば嬉しいです。第一に、スポーツジムに身を投じることです。お金がかかるし、面倒だと遠ざけていたのですが、全員が運動をして鍛えているという環境に身を投じることで、絶対に自分も動くようになっていきます。

そして、みんなそれぞれ汗だくでやっているので、自分も汗を思いっきりかくことができ、それがまた快感なのです。週に1回ほど通うことを1年以上続けておりました。第二に、昼食と夕食の減量です。カロリーをがっつりと落としていました。

ただし、朝はたくさん食べます。昼は、ゼリーや果物、カロリーメイトなどを主に食べていました。夜は、基本的に白ごはんは食べず、野菜サラダと納豆と豆腐をメインに食べていました。栄養が偏るので、あまり良くないとは思います。

また、ずっとこういう生活は続かないので、2週間に1回くらいは、外食で好きなものを食べたりお酒を飲みに行ったり、お菓子を食べたりしていました。しかし、常日頃のクセがついているので、多少体重が増加したところで、身体はきちんと保っていました。こうして1ヶ月にマイナス1キロのペースで減り続け、それが面白くなっていき、1年で15キロ減量することができました。

意外と勘違いしてる?失敗しやすいダイエット方

近年ダイエット法というのは数え切れないほどたくさんありますよね?

あれこれ手を出してみたけど中々続かない、そんな方も多いと思います。

また、一時的に痩せたとしてもすぐにリバウンドしてしまうことがほとんどだと思います。

なぜ続かないのか?なぜリバウンドしてしまうのか?

結論から言うと、根本的なやり方が間違っているからです。

間違えたやり方のダイエットをしていると、痩せないどころかむしろ太ってしまう事もあります。

こうなってしまってはメンタル面にもわるいですよね。

どういうダイエットが続かないのか簡単に説明します。

1・食事制限ダイエット

食事制限をすることにより脳内からブドウ糖が不足します。

ブドウ糖が不足する事により人は我慢ができなくなります。

我慢の限界がきた結果食べてしまい結局続かないなんてことも多いと思います。

食事制限をすることで体内の肥満遺伝子が活発になり、すると食欲は増し体温も上昇しにくい体になります。

2、ハードな運動

単純にハードな運動が悪いと言うわけではなく、それをずっと続けられるかが問題です。

しかしハードな運動を毎日続けるというのは中々難しいことで、むしろストレスが貯まってきます。

ストレスが貯まるとコルチゾールというストレスホルモンが

発生します。

このコルチゾールの濃度が高くなると食欲があがりお腹に脂肪がつきやすくなります。

このようによくある食事制限やハードな運動でのダイエットは失敗しやすくデメリットもあるので注意すべきですね。

これからは自宅内ダイエットがメインに…

真冬の寒さを抜けようやく外に出るのも心地良い春がやって来るというのに、怖いウイルスの流行で街中に買い物に出るのさえ億劫になってしまうこの頃。春からのウォーキングダイエットに備え、せっかくトレーニングウェアも新調したというのに、この分では先が思いやられます。

とは言えダイエットの取り組みを途切れさせる訳にはいかず、外に出られない分は屋内のメニューで何とか補うより方法はありません。

意識的に用事を作り、普段の倍以上階段を上り下りしたり、あるいは何の目的が無くとも階段昇降をこなしたりと、自分なりに工夫して有酸素運動の時間を作っています。

とは言え明らかに運動量は減ってしまうもの。食費節約も兼ねて間食を買うのも一切止め、満腹感が大きなダイエット食を吟味している最中です。こんな時に品揃え豊富なスーパーの宅配サービスは大変便利。他人との接触を最低限に抑えられますし、現在は意外とダイエットに役立つ食材も豊富で、本当に助かります。

また暇さえあれば、自宅で出来るダイエット特集に目を通し、自分が取り入れられる物は無いか…と日々探し吟味しています。お風呂でのホットヨガを始め、面白そうなダイエット法も幾つかピックアップ出来、今後の取り組みが逆に楽しくなってきました。

100kcalを消費するための運動量とダイエット

ダイエットの基本は、エネルギーを消費する運動です。

エネルギーの消費量は、それぞれの運動ごとに同じ時間を決めて、どのくらいになるかが示されることが多くなっています。

ですが、これだと1日にどれくらい運動すればよいのかが分かりにくいという欠点があります。

そこで活用できるのが、100kcal単位でエネルギーの消費量を示すという方法です。

例として、体重が60kgの人の場合で見てみましょう。

軽い散歩や軽い体操で30分前後。

ウォーキングで15分前後。

自転車で平地を走れば、20分前後。

強めのジョギングで、10分前後。

坂道を自転車で登れば、10分前後。

テニスで10分前後。

クロールで水泳をしたら、5分前後。

このようになっているので、仮に1日のエネルギーの摂取量が2,000kcalだということが分かった人が、エネルギーの消費量が1,800kcalだったとしたら、200kcalの運動をすればよいということになります。

そして、行う運動によって200kcalを消費するための時間が分かるということです。

例として、ウォーキングであれば30分で200kcalを消費できます。

ちなみに、ウォーキングは生活習慣病の予防などとして、医療機関でも推奨されています。