妊娠中は要注意!妊婦の口臭、原因と赤ちゃんへの影響

妊娠中って、においに敏感になりませんか?ニンニクなどの強いにおいで気分が悪くなったり、以前は平気だった夫のにおいもダメになったり…自分自身のにおいに対してもです。私も妊娠中、鼻が利きすぎて自分の口臭が気になり、悩んだ時期がありました。今までなんともなかったのに、どうして…?

実は、妊娠中はというのは口臭が発生しやすい時期だと言われています。妊婦の口臭の原因と赤ちゃんへの影響について、考えてみましょう。
http://www.ahja-news.org/

・口臭の原因①つわりでの歯磨き不足

つわりの時期は食事の時間が不規則になり、十分に歯を磨けないことがあります。また、歯磨き粉のにおいや、歯ブラシを口の中に入れる行為自体に違和感があり、歯磨自体が嫌になってしまう方もいます。食べかすが残った状態では、口内の衛生状態は最悪です。この悪循環が口臭の原因になってしまいます。

・口臭の原因②唾液の減少

妊娠中は、ホルモンの分泌量が増え、唾液の量が減少します。唾液には口内の菌を抑制する働きがあるので、虫歯になるのを防ぐ働きがあります。唾液が少なくなると虫歯ができやすくなり、口臭につながります。

・赤ちゃんへの影響

口臭と赤ちゃんって、全然関係ないでしょ?と思われる方もいらっしゃると思います。しかし口臭というのは、口内環境の悪化を表しています。口内環境の悪化は虫歯だけでなく、歯周病の原因にもなります。歯周病にによる炎症が血液によって体中に運ばれることで、低体重児や早産のリスクが7倍も高まるといわれています。

・まとめ

口臭は自分や周囲が不快になるだけでなく、低体重児や早産になるサインでもあります。生まれてくる赤ちゃんの為にもしっかりと口内環境を整え、余裕を持って出産に臨めるよと良いですね。