40代を目前にして肌について真剣に考える。

若い頃は何も気にせず紫外線を浴びまっくていた私も、気付けば今年38歳を迎えようとしています。仕事が終わって家に帰り、風呂場で化粧を落とし、洗面所で鏡に映る自分を見て思うことは「老けたな。。。」一番にシミが増えました。肝斑というのでしょうか。シロジャムの口コミ

頬骨のあたり左右対称にあるシミ。もうできてしまったものは消せないので、これからどう増やさないようにするか考えなくてはなりません。UVの化粧品を使うのはもちろん、若い頃は興味のなかったお高い日焼け止めを購入したりしています。

やはり少しお金をかけないと老いには勝てないのか。。芸能人がよく言う「何もやってませんよ?」は全くあてになりません。信用してはなりません。一般人には手が出ない化粧品やエステをして、あの美しさをキープしているんだろうなと思います。シミの次に気になるのはほうれい線です。

ベロで内側からほうれい線を押すということはよくやっていますが、効いているなかいないのかはわかりません。一般人の私が毎日できることと言ったらそのくらいなのです。鼻から下は本当に年齢を感じさせる箇所だと思います。

40という年齢が近づいてきて思うことは、少しでも実年齢より若いと言われたい。そのためには、日々できることをコツコツやっていくしかないと思っています。