冬のマスクと乾燥対策

どんどん寒くなっていくに連れて、毎年肌の乾燥には悩まされています。加湿器を利用したり、スキンケア製品を保湿効果高めなものにシフトしたりと工夫はしていますが、今年はそこに「毎日、一日中マスクをする」という例年にない環境への対策も必要になってきて、これが結構な悩みの種。マスクを長時間していると、どうしてもテカリや化粧崩れが起きてしまいます。

http://velikirat.com/

これまでの季節では、それらの防止のために、どちらかと言えば「脂っぽくならない対策」をしてきました。化粧前に肌がサラサラになる下地を仕込んだり、さっぱり目の化粧品を使ったりというのがその例です。でも、乾燥した気候の中でこれをやってしまうと、頬や目元がカサついてしまい、マスクを外したら肌が粉っぽかった!という最悪の事態にもなりかねません。

今のところは、少しずつ保湿をしつつ、これまでのべたつき対策を続けるというやり方で誤魔化してはいるのですが、冬はもうすぐそこ。木枯らしが吹く真冬になったら、このマスクによる化粧の崩れと肌の乾燥対策を、どうやって両立させていけばいいのか、さらに難しくなりそうです。まさか、マスクをつけることがこんなに肌のメンテナンスに影響するなんて、思ってませんでした。