髪の毛のコシにアノ食品が効果的だった!?簡単にとれる食品とは?

髪の毛のコシが失われてきたら、頭皮マッサージをするのに加えて、内側からもケアをするようにしましょう。中年になって髪の毛のコシが失われるのは、女性ホルモンのエストロゲンが減少するのが原因です。

http://www.aydoaguaconsciente.com/

エストロゲンと似た働きをする栄養素を、積極的に摂取するのが効果的です。エストロゲンと似た働きをするのが「大豆イソフラボン」です。大豆イソフラボンを摂取すると、エストロゲンの分泌量不足を補う効果が期待できます。

ただし、摂りすぎはよくありません。大豆イソフラボンの1日の摂取上限量は70〜75mgとされています。また、とり方にも工夫が必要です。
イソフラボンの大半は、糖と結びついています。大豆を食べても、そのままではイソフラボンを吸収できないのです。イソフラボンをきちんと吸収できるようにするには、糖を切り離すことが必要です。 

糖を切り離すと、小さなアグリコン型になります。アグリコン型になれば、吸収されやすくなります。毎日の食事で大豆イソフラボンをアグリコン型にするには、発酵させることが一番と言われています。
大豆を発酵させた食べ物として身近なのが「味噌」です。味噌汁ならば、簡単に大豆イソフラボンをとることができます。毎日、味噌汁を飲むようにしましょう。